多田 皇

記事一覧(30)

イメージというのは正確さのない曖昧なもの

僕美容師さんの友達全然いないからあまりわからないんですがお客様から「前回クリームベージュにしてもらったんですが~~」とか「マシュマロブラウンみたいにしてください」とか(笑)正直僕はそのネーミングと色がよくわからんのですが。。。確かに聞こえは可愛いくてお洒落だけどなんか嫌いwww(/・ω・)/レストラン行ってマシュマロオムライスってあったら卵のふわふわなイメージを伝えたくてそのネーミングにしたのかな?って考えちゃうしもしかしたらほんとにマシュマロが入ってるのかもわからんし甘~いオムライスかも( *´艸`)wwwようは人によってネーミングから受け取るイメージの仕方が違うから難しいねって思った('_')w「赤っぽくしてください」って言っても美容師さんの「RED」とお客様の「RED」は違うかもしれませんからね( ;∀;)CUTも同じで「5センチ切ってください」っていっても美容師さんの5センチとお客様の5センチが違ったりするのと同じです(´・ω・`)トラブルにならないためにも美容師さんには相手にわかりやすいカウンセリングが必要ですしお客様はなりたいイメージの写真を持ってきていただけるとよりわかりやすく忠実に再現しやすいので是非TRYできる人はやってみてください(^_-)-☆思いやりですね💛信頼しあえている関係だと自然と思いやりもでていいStyleができますよね(*'▽')お客様の髪があってこその美容師なので僕はこれからも共同作業と考え仕事をしていきます(^^♪

常識にとらわれ過ぎる人は。。。

常識って考えた事あります!?今営業後に後輩のCUT、UPの練習をみてあげているんですが、、、基礎はできています!職人は基礎ができていないと職人にはなれません。すべて心技体が一致しないと職人と呼べません。もちろんその中でも経験や知識も大事ですが、やはり礎がどの職業でも大切になってくると思います!が、しかし今の時代インターネットで莫大な量の情報を得られます。そう。。。常識は時代と共に変化している。非常識が常識に常識が非常識になることだってある。目に見えないものが存在するのということも常識になりつつあります(^^)/50年まえではありえない常識ですよね(^^♪何十年後かには赤信号が進め!になってるかもしれない(@_@;)(笑)ファッションもヘアーも常識が覆る色の組み合わせや奇抜さが認められつつあり、メディアがそれをとりあげる事によって違和感がなくなり普通になりそれがいつのまにか常識となる。なにが言いたいか。。。(笑)常識があることにより想像力が低下する気がする(>_<)それは育った環境で常識も変わってくるだろう。だからみんな一緒じゃないからおもしろい(^^♪ネットで答えを探そうとする常識はあまり好きじゃないし勧めたくない(+_+)自分という価値を消してしまいそうだから。。。人は人!自分は自分!胸張って自分らしく自分の感性をぶつけて生きてほしいです。これは人をきにしてばっかいる自分に言い聞かせたいがために書いたブログでもあります(・_・;)(笑)俺は俺♫宜しく♪w

話し上手になる為に実践すべき5つの方法

インターンネット、LINE、オンラインゲームこれらの発展、進化によりコミュニケーション能力の低下がささやかれているそうです^_^;僕も人見知りで、人と話す事が苦手だったので僕なり考えて実践してなんとかここまで話せるようになりました。(-_-;)(笑)話上手な人が、必ずと言っていいほど実践していることや特徴についてまとめてみました。「基本的な常識を備える」話し上手な人の共通点の一つには、コミュニケーションに必要な基本的な常識が身についており、相手の立場になって考えることができる点があげられます。何か特別なスキルが必要なのではなく人との関わりあいの中で自然と培われる普段のコミュニケーションを、さりげなくこなすことができています。話す内容の面白さや目新しさはもちろん必要ですが、テクニックに走りすぎない事が大切。「良い聞き手になる」魅力的な話をしながら、適切な合間をみて、聞き手にも「あなたは?」などと質問し時々話すチャンスを与えます。聞き手の言葉や反応を受けて、さらに話を盛り上げていくことができる人が、本当に話上手だと思います。「表情を豊かにする」話上手な人は、適度に身振り手振りなどのジェスチャーを取り入れたり、アイコンタクトを使って表情豊かに話を勧めます!話題によっては、生き生きとした笑顔や悲しい表情などを織り交ぜながら、聞き手にとって心地よいテンポで話を進めることも特徴のひとつです。「目は口ほどに物を言う」といったことわざにもある通り話しては伝えたい事を、聞き手に正確に理解してもらえるように表情やしぐさには気を配っているそうです!「前向きな表情を選ぶ」話上手な人は、どちらかというとネガティブな内容の話であっても、前向きな表情を選んで使うことで、話が聞き手にとって嫌な印象で終わらない様に、出来る限り配慮をしています。聞き手にとって、都合が悪い話や、なるべくなら聞かないで済ませたい話であっても長い人生の中で、話をしなければならないケースもあるものです。聞き手の気持ちを察して、聞き手が希望をもてるような話し方を積極的に活用しています。「話すスピードをコントロールする」話上手な人は、一方的に自分のペースで話を続けることはない。常に聞いてる人の表情や反応を敏感に読み取り、話すスピードを変え、時には沈黙を効果的に入れるなど、自由自在に話すスピードをコントロールしながら話を展開しています。楽しく軽快なテンポで話せば、話の内容自体の面白さ以上に、楽しい印象を聞き手に残すことができますし、大切な話や少し神妙な内容の場合には、話すスピードをゆっくりと、一言ずつ、言葉をかみしめながら話を進めることで、話し手の気持ちが、聞き手にも手にとるように伝わり易くなるんです。話上手な人の主な特徴を知り、身近に存在する具体的な人を思い浮かべながら、イメトレすることから始めてみるのもひとつです。\(^o^)/おのずと人脈が広がり、ワクワクする毎日がくるかもですよ(^^♪ご参考になればと思います♪